スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国版の劇場版一休さん「聪明的一休之反斗公主」の予告動画があったので見てみたけど・・・


ah80.jpg
中国で制作された劇場版一休さん「聪明的一休之反斗公主」がもうすぐ上映されるらしいので、どんな作品なのか少し気になって予告動画を見てみました。

▼中国版一休さんの関連ニュース
レコードチャイナ 中国で最も愛される日本のアニメ、「一休さん」公開へ―中国

96887684.jpg



予告動画らしきものは二つ見つかったのですが、この二つの動画があまりにも違いすぎるのでちょっと驚いてしまいました。


▼こちらは制作会社(上海炫动传播)のサイトで公開されている「聪明的一休之反斗公主」の動画










ah81.jpg
何かがおかしい・・・。
中国アニメ映画としても、ちょっとクオリティが低いような気がします。


ah84.jpg
こちらが中国版オリジナルキャラの女の子かな?。
タイトルにもあるように、中国のいたずら好きな王女のようです。


ah83.jpg
新右衛門って剣先からソニックブームを出すような人でしたっけ・・・。
私も記憶が曖昧なので、そうだったかも。うん

それはいいのですが、背景は桜の木でしょうか?
何か違和感を感じるのですが・・・やっぱりちょっと低すぎませんか?


ah82.jpg
さよちゃんはふっくらしてる気もしますが、まぁこんな感じだった気も。




まぁ色々と不安を感じる内容なのですが、そんなことよりも何よりも・・・

そのBGM、「風の谷のナウシカ」のオープニング曲じゃないの!?


圧倒的に一休さんとマッチしていないBGMなのですが、一休さんは巨神兵ととんち対決でもするつもりなのだろうか・・・。
いや、それはそれで見てみたいかもしれない。

とりあえずこの動画を見てからは劇場版一休さんのことはしばらく忘れようと思っていたのですが、
たまたまもう一つ劇場版一休さんの動画を見つけました。


▼中国のニュースサイトで公開されていた「聪明的一休之反斗公主」の予告動画(かなり重いかも)
看看新闻网 聪明的一休之反斗公主




ah80.jpg
・・・あれ?なんだか絵のつくりが全然違いますよ。
これがさっきの王女なの??


ah76.jpg
一休さんに凄まじいガンをくれてやる王女様。
たまりませんね。


ah77.jpg
何か一休さんに恨みでもあるのだろうか・・・。


ah78.jpg
ねずみ小僧みたいなキャラと、中国の道士みたいなキャラとのバトルシーンもあります。
一休さんってそんなアニメだったのか。記憶が定かではありませんが・・・うん、そうだったかもしれない。


ah79.jpg
この動画もかなり前のもののようで、音声は基本入っておらず、女の子の声も仮音声っぽい感じですね。
一つ目の予告動画でかなりしょんぼりしてしまったのですが、こちらはアニメーションもそれなりにちゃんとしてる感じなので、こちらはちょっと見てみたいかも。


あとはまぁ、この予告動画だけ見ているとどう考えても主役は王女様で、一休さんのほうがゲストキャラな感じですよね。右下のロゴもそうだし。
これは単にパシフィックリムの中国版予告編みたいにクリムゾンタイフーンを前面に押し出しているだけなのだろうか・・・。

▼パシフィック・リムの中国版予告編




それにしても、もうすぐ上映だというのにまともな最新予告動画が無いというのはどういうことなんだろうか・・・。
関連記事

この記事へのコメント

- - 2014年01月13日 02:55:31

>こちらが中国版オリジナルキャラの女の子かな?
日本の原作から探すなら一休さんの天敵の一人「やんちゃ姫」(五条家の露姫)でしょうね
しかしこの子が中国の公主風なのに対して新右衛門さんは室町侍風
チョンマゲの侍も鼠小僧もクンフー使いも出てくるし舞台も中国なのか日本なのかよくわからない
中国のお姫様が日本に来る話なのだろうか・・・
(そもそもこの一休さんは日本の僧・一休禅師なのか?)
しかしこの間の「花より男子」じゃないが日本原作 - 中国公式のアニメはこれからも増えるんだろうか

- - 2014年01月14日 20:12:17

一番目の動画はパイロット版ですね。
「様片」と書いてあるし。

- GEO - 2014年01月15日 12:34:37

中国版一休さん、1月31日から上映開始だって。
http://acg.178.com/201401/183665955237.html

- 森 和正 - 2014年01月16日 18:04:15

日本の原作で、中国で正式にアニメを作るのは良い方向です。
外国作品には、よく[日本なら、しない]ミスがあるのですが。作品の内容に左右されているようです(その多くは日本人の悪人、日本側が悪役だと。流石に日本人の指導を頼みにくいですし)外国人の不確かな記録から、トンチンカンな内容にしがちです。
そうして制作された作品が日本人の喜ぶものにはなりません。
[パールハーバー]の他、高倉健さんが出ている[燃える戦場]伊丹十三さんが出ている[北京の五十五日]その他。最近はアメリカのは正確になっているのに、お隣の韓国が間違えたりしている(高校の柔道でカラー柔道着、)のが謎です。

- ちゃに丸 - 2014年01月16日 23:11:39

日本よりも中国のファンのほうが熱い人気作品も多いですからねぇ。
聖闘士星矢なんかも次回作は中国でアニメ化とかあるのかも。

一休さんは本当にまともな告知も予告も無しで上映が始まるんですかねぇ・・・。謎に包まれすぎです

トラックバック

URL :

プロフィール

ちゃに丸

Author:ちゃに丸

中国語アニメを楽しみたいがためだけに中国語を勉強している語学初心者です。リンクはご自由にどうぞ(記事ごとでも構いません)

カテゴリー
人気記事ランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
twitter
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランダム過去記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。