中国新作ロボットアニメ「超限猎兵 凯能 KAINAR」 放送開始日やらプラモの発売日やら制作会社やらの話


v10.jpg
来自:weibo @J2高端模型定制
中国の新作3DCGロボットアニメ「超限猎兵 凯能 KAINAR」
放送開始日とプラモデルの発売日が発表されていたので、忘れないうちに一度まとめておきます。

【以前の関連記事】
「超限猎兵 凯能 KAINAR」中国の新作3DCG-SFロボットアニメ

PV







v23.jpg
アニメは面白いのかなぁ。
PVを見ていると動きにやや不安を感じる部分もありますけど・・・。
アニメは7月6日から放送開始のようです。



プラモデルのほうは既に関係者(おもちゃ屋さん?)には試作品が配布されているようで、続々と画像が公開されていました。
v11.jpg

v21.jpg
来自:weibo @-0小红0-
v12.jpg

v20.jpg

v14.jpg

凯能のプラモデルを組み立てた人はみんな「中国最高品質のプラモデルなのは間違いない」と賞賛しているようです。塗装はもちろんタミヤカラー

v24.jpg
凯能のプラモデルを販売するAULDEY(奥飞动漫)のロゴが似ているのはご愛嬌ですね(笑


v15.jpgv16.jpg
どうもプラモデルは内部の骨格パーツと外装パーツが分離できるようです。
関節も非常に柔軟で様々なポーズが取れるみたいですね。

v17.jpg
膝もこんなに曲がります。なんか凄い!
まぁガンプラはMG-ズゴックとMG-ZZガンダムくらいしか作ったことのない私には正直凄いのか凄くないのか良く分かりませんが、少なくともズゴックはこんなに柔軟に曲がらないぞ!!

プラモデルの発売日は7月1日で、まずは広州、上海、深圳(シンセン)あたりの地域から順に販売を開始するようです。
気になる価格は、予定ではこの辺りらしい

1/144スケール 135元(約2000円)
1/100スケール 270元(約4000円)

むむ、結構なお値段ですね・・・。
ガンプラで言うと1/144はHG(ハイグレード)で1000~2000円くらい?
1/100はMG(マスターグレード)で3000円~6000円くらいかな?
まぁガンプラと同等の価格設定といった感じですが、中国の物価を考えれば高価な商品ですね。
とりあえず発売されたら一つくらい作ってみたい

プラモデルの細部についてはこちらのサイトが大変詳しいです
toyszine《超限猎兵—凯能》前导凯能1/100拼装模型测评





あとはアニメを制作している会社についてなのですが、最初は奥飞动漫(巴啦啦小魔仙を作ってるとこ)が自社で制作しているのかと思いましたが、よくよく調べてみるとこんな記事が見つかりました。

台湾の記事
中国時報 兩岸數位內容產業媒合會搭橋 陸3G手機 引進台灣動畫

こちらの記事によると、2010年の段階で台湾のアニメ制作会社「西基動畫(CGCG Inc)」が「戰術獵兵之凱能機戰」という3DCGアニメ作品を制作し、奥飞动漫に対して商品化と放映の権利を与えるという話になっていたようです。
まぁ「戰術獵兵之凱能機戰」は「超限猎兵 凯能」のことで間違いないと思うので、つまりアニメのほうは実は台湾製みたい。

西基電腦動畫(CGCG Inc)の公式サイト
そしてこの台湾のアニメ制作スタジオのサイトをちょっと覗いて驚いたのですが、ここは結構見覚えのあるCGアニメ作品を作っているアニメスタジオのようです。

Star Wars The Clone Warsとか



Strawberry Shortcakeとか





日本にも関連アニメスタジオの「CGCGスタジオ」があり、スーパーロボット大戦などのゲームCGの制作を行っているようです。スパロボに関連しているというのが興味深いですね。

gpara.com CGCGスタジオインタビュー「見てくれる人を意識して」『スパロボ』山添武さん





しかし「超限猎兵 凯能」とはなんだかクオリティの差を感じるのは気のせいだろうか。
うーむ、一話当たりの金額の違いなのかな?中国アニメ方式は話数がやたら多いからなぁ・・・。
関連記事

この記事へのコメント

- hissa - 2013年06月27日 15:54:08

台湾との合作なのか?

- ゆせいペン - 2013年06月28日 02:38:40

ロボットのデザインに感服しました!戦い方もかっこいいですね!

でもガンダムのMS IGLOOなどで目が肥えている人からすると少し物足りないかもしれません。

あとは脚本が面白いかどうかできっと評判も変わってくるでしょう。

今後に期待です!

- ちゃに丸 - 2013年06月29日 10:30:18

私が合作の正確な定義をよく知らないのでアレですが、中国の情報では台湾アニメスタジオに制作を委託したと書かれていて、台湾側では台湾オリジナルアニメの販売権を中国側に与えたとなっていますね。どちらが正確な表現かはわかりませんが、中国アニメの事情としてはやや複雑な話かも。
自国製なのか、外国との合作なのかは中国アニメにとっては重要な話みたいなので、色々と情報を隠蔽しているのはよく見かけます(笑

- ちゃに丸 - 2013年06月29日 10:34:29

>ゆせいペンさん
ストーリーは中国アニメでは珍しい近未来SF物で、よく考えられていそうな感じはありますね。楽しみです

- 名無しさん@ニュース2ちゃん - 2013年07月03日 09:30:24

人物を手書きにすると大失敗作「ASTRO PLAN」の二の舞になるからなあ・・・
まああれが失敗したのは絵だけじゃなくお話までマクロスシリーズのパクリ(しかもレベル低い)だったからってのもあると思うが。向こうにはちゃんとしたシナリオライターはいないのかねえ。

トラックバック

URL :

プロフィール

ちゃに丸

Author:ちゃに丸

中国語アニメを楽しみたいがためだけに中国語を勉強している語学初心者です。リンクはご自由にどうぞ(記事ごとでも構いません)

カテゴリー
人気記事ランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
新着中国ボカロ動画
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
twitter
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランダム過去記事